税理士法人 成田綜合事務所【HOME】

成田 富里 八街 佐倉 税理士『成田綜合事務所』
電話でご相談

お気軽にご相談下さい
営業時間:8:30~19:00
(夜間・土日祝日相談可)

【HOME】 » 新着情報

新着情報

忘年会

毎年、仕事納めの日に忘年会を実施しておりましたが、いろいろと慌ただしいため今年は早めに開催。
場所は最近参道沿いにオープンした「洞窟ダイニングMAMMOTH CAVE」

ギャートルズの肉

はじめ人間ギャートルズに出てくる「あの肉」が食べられます。

サラダ、チーズ盛り

サラダやチーズ、お酒も豊富にありました。

マンモスの壁

壁にはマンモスが。

税制改正と解散総選挙

安倍総理大臣が海外へ行かれていた11月上旬より解散総選挙の話が出ておりましたが、その時期から各省庁において税制改正に関する会合等が開催されておりませんでした。
これは衆議院の解散総選挙が予想されていたためと思われますが、この影響で税制改正の動きが現在ストップしております。毎年、12月中旬頃に税制改正大綱が発表されますが、平成27年度税制改正大綱につきましては、来年1月の第2週後半にずれ込むものと思われます。

紅葉の谷川連峰

土樽〜万太郎山〜エビス大黒ノ頭〜仙ノ倉山〜平標山〜土樽 縦走

紅葉は近年稀に見る美しさ。
今年は9月に入ってから順調に気温が下がっており、台風の上陸も少ないことが関係しているのでしょうか。

idogoyazawakasira
吾策新道・井戸小屋沢ノ頭より万太郎山

ojikazawa
万太郎山より谷川岳・オジカ沢ノ頭方面

mantarou
万太郎山の紅葉。ベニサラサドウダンやコミネカエデの紅葉が青空に映えて美しい。紅葉は1,900mまで下がってきております。

仙ノ倉山東面
仙ノ倉山の東斜面はカエデ・ツツジ科の紅葉とササの緑色、イネ・カヤツリグサ科の黄色の草もみじと快晴の青色に彩られた4色コラボ。
今回は、この写真の奥にあるシッケイ沢源頭部から毛渡沢出合までを俯瞰するのが目的の一つ(バックカントリースノーボードの下見)。


sennokura-west
仙ノ倉山の西斜面。ここが縦走ルート中、最も紅葉が美しかったです。奥に見える右にストンと切れ落ちている山は、苗場山。


tairappyou-situgen
平標の湿原。黄金色に輝く草もみじが美しい。山地湿原と地塘のある風景は、どの山でもホッと一息つけて安らげる場所です。


nisizen-dainisurabu
西ゼンノ沢第2スラブ。平標新道の尾根から相当離れておりますが、スケールの大きさを誰もが実感できるでしょう。この景観は隠れた名所と言えますが、アプローチが厳しいため知られていないのが残念。

西ゼン第2スラブは来年の確定申告明けの3月中旬にでも滑りに来ようかな。

剣岳・立山三山番外編

番外編

最終日は快晴となり、のんびり室堂散策。
イワイチョウが黄葉しミヤマワレモコウが咲くなど秋めいておりました。

奥大日岳と地獄谷

奥大日岳と地獄谷

mikuri-joudo

ミクリガ池と浄土山

miyamarindou

ミヤマリンドウ

ezomukasi

エゾムカシヨモギ

raichou

ライチョウ

miyamatorikabuto

ミヤマトリカブト

kumomagusa

クモマグサ

aonotugazakura

アオノツガザクラ

iwagikyou

イワギキョウ

剣岳・立山三山縦走編

父親が一般ルートで最難関と言われる剣岳に登るということで、いつも一緒に登っている富里の山遊会メンバーの方からサポートを依頼されました。
話があったのは8月上旬で登山予定が9月6日〜9日。リーダーでお願いと言われましたが、こちらが運動不足で滑落する危険もあるため、この一ヶ月間は八海山などの岩山を歩くなど万全の体制で挑みました。

itinokosi

一の越より雄山。当初の天気予報は雨でしたが、4日間とも雨に降られず好天に恵まれました。

oyama-murodou

雄山より山崎カール、室堂方面。素晴らしい眺め。

turugi

別山より下山中、剣岳が雲間からその荒々しい姿を現す。あれを登るのかと思うと、少々不安になってくる。

asayake

宿泊した剣山荘より鹿島槍ヶ岳、五竜岳方面の朝焼け。この景色を見て、一気にヒートアップ。

nobori

父の藤井十郎。79歳10ヶ月です。よくぞこの年齢で剣岳に登るものだと息子ながらに感心しきり。

tatebai

登りの核心部「カニのタテバイ」。最後から2ピッチ目のクサリは岩場にホールド箇所がなく、クサリに頼って腕力で登らなければならないため、アドレナリン出まくり。

sanchou

剣岳登頂成功!みんなでハイタッチ!
「剣岳点の記」の小説を読んでから十数年。無理かと思っていた三角点も確認でき、感激もひとしお。

yokobai

下山時も油断はできません。「カニのヨコバイ」

sekkei

雪渓も歩いたりします。

moon
本日は10時間の歩行程となりましたが、無事に宿へ到着。
素晴らしい夕焼けと中秋の名月を眺めながら温泉につかり、その後は皆で乾杯!

海外デジタルコンテンツ購入に係る消費税

近年、インターネットを通じた電子書籍やゲーム、映像、クラウド等の電子的サービスが急速に拡大しておりますが、これらは消費税が創設された当時には想定されていない取引でした。
現行制度において、これらのうち国外事業者から購入する電子的サービスに対しては一切課税しない仕組みであることから、様々な問題が生じております。

一番の問題は、同一の音楽や動画の配信でありながら、国内事業者から購入するより海外事業者の方が消費税額分安く購入できる点。消費者にとってはメリットといえますが、国内事業者にとっては死活問題です。消費税が10%になれば、関係業界では無視できない状況に迫られ、海外へのサーバー移転等も視野に入れる必要が出てくるでしょう。

そこで、昨年よりこの問題が政府税制調査会の国際課税ディスカッショングループにおいて議論され、平成27年度税制改正に盛り込まれる予定となりました。
その内容としましては、海外からの電子的サービスを消費者が購入した場合には、国外事業者に納税義務が課せられ消費税が課税されるということ。
事業者が購入した場合は「リバースチャージ方式」という欧州諸国がとっている方法にならい国内事業者に申告納税義務を課す方法がとられる予定ですが、当面の間、事務処理の煩雑さを考慮し申告対象から除外するとのこと。また、事業者に関しては改正後、購入した国外事業者から何らかの通知が来るそうです。

なお、現在検討されているのは輸入の場面であり、輸出の場面が見えてきません。
輸出に関しても当局とトラブルが生じていることから、どのような改正内容になるのか今後注目です。

公正証書遺言

昨日、税理士会成田支部の研修として千葉公証人合同役場より公証人の平尾雅世先生にお越し頂き、「遺言公正証書の作成を嘱託する際の留意点等」をテーマとした研修を開催いたしました。税理士が関与することになった場合の具体的手続きや書類作成上の留意点などを中心に、実務に即応した講義をして頂きましたこと、改めて感謝申し上げます。

公正証書遺言を作成するのは、子供の兄弟仲が悪いとか富裕層に限定されたものと思われがちですが、それ以外でも公正証書遺言を作っておけば良かったというケースは少なくありません。
例えば、少子高齢化が進んでいる近年に多いのですが、お子さんがいらっしゃらないご夫婦の場合、ご両親が亡くなられていると配偶者以外の相続人は兄弟姉妹となります。
兄弟姉妹が高齢であると亡くなられているケースもあり、この場合、甥や姪が相続人に加わります。
配偶者が全ての相続財産を承継する遺産分割協議書を作成したとしても、甥や姪が実印を押してくれるとは限りません。会ったこともない甥や姪となると、なおさら相続財産を分配することに抵抗を感じる。
逆に、兄弟姉妹からすると血族ではない配偶者に先祖代々の土地等が相続されてしまい、二度と自分たちが立ち入れなくなる可能性も出てくるため、口を挟まずにはいられない。

昨年、最高裁判決を受け民法900条4号ただし書前半部分が削除され、非嫡出子も嫡出子と同じ相続分とすることになりましたが、現在婚姻関係にある側の配偶者としては、納得いかないという声は多いようです。浮気をした夫と相手との間に出来た子に自分の子供と同等の相続分を分配することに、平常心で応じられるか。
逆に非嫡出子の立場からすれば、最高裁判決にあるとおり法の下の平等を保障した憲法に違反しているのだから、同等の相続分をもらって当然と考えるでしょう。

先手必勝。世知辛いですが、遺留分対策として、又は事業承継対策として公正証書遺言は有効な手段となります。

鳥海山BCスノーボード

秋田への出張の合間に、BCスノーボード好き十数名と合流し、鳥海山へ滑りにいってきました。先週、燧ヶ岳へ滑りに行ったのは、この日に備えての練習でこちらが本番。4日間大荒れだった鳥海山も山小屋に宿泊した夜にはガスが抜け、満天の星が見られる程に晴れ渡りました。

 

鳥海山1

スタートから2時間半にてようやく鳥海山の全貌が明らかに。積もった雪もザラメになりそうで滑走が楽しみです。

 

choukai2

千蛇谷の見えるポイントに到着。時間がないためハイクアップはここまで。

 

choukai3

こちらが千蛇谷。鳥海山の素晴らしい所は、太陽に照らされきらめく日本海と水田を眺めながらオープンバーンを滑走できるということ。

 

choukai4

集合場所を決めたら、その後は各自好きな所を滑ります。私はクラックのある尾根筋を避け、ダイナミックに続く沢地形を狙うことにしました。病みつきになるほど楽しいですね、鳥海山。

滑走ラインを確認すると、オコジョの足跡がたくさんありました。荒天続きでお腹が空いていたのでしょうか。

尾瀬・燧ヶ岳BCスノーボード

金曜日に寒気が下りてきたため、急遽、尾瀬の燧ヶ岳へ行ってきました。予定通り土曜の午後に御池到着。午前中に登った方の話を聞くと、森林限界で風速が十数メートルの強風とホワイトアウト、アイスバーンのため山頂からの滑走を断念したとのこと。天候が回復してきていたため、ひとまず熊沢田代まで上がることにしました。

 

熊沢田代

すっかり雲の消えた熊沢田代より燧ヶ岳を眺めると、雪庇の発達した入深沢の源頭部に新雪が溜まっており、雪崩の危険もないようなので、源頭部の森林限界を目指すことに。

 

尾瀬・柴安ぐら

森林限界を超えたところで、積雪期にしか見ることの出来ない荒々しい燧ヶ岳の柴安嵓北面が見えてきました。誰もいない静寂の尾瀬を存分に堪能したところで時計を見ると、既に午後4時。

 

入深沢

予想通り、新雪が積もったノートラックの快適なバーン。その後は沢地形の天然ハーフパイプとツリーランを御池田代まで楽しんできました。

 

droppoint

翌日は3時間半かけて燧ヶ岳の俎嵓山頂へ。正面の雪が積もった山は会津駒ヶ岳。先の斜面が見えませんが、ここがドロップポイント。

 

滑走

俎嵓北面のオープンバーンはフィルムクラスト、ザラメ、シュカブラが入り交じった雪面状況。フィルムクラストをバリバリ弾き飛ばしながらの滑走は壮快そのもので、御池まで存分に楽しむことが出来ました。

所得拡大促進税制

平成25年度改正において、消費の拡大を促進する目的から会社が従業員に支払う年間給与を前期より増加させた場合、一定の要件に該当すれば、同制度による税額控除を3月決算より受けることができるようになりました。
平成26年度改正においては、さらなる緩和措置をとったとのことですが、会社によっては26年度改正を適用できず25年度改正のみ適用というケースもあり、果たして本当に緩和なのか?という疑問を感じなくもありません。



(C) 税理士法人 成田綜合事務所